sekainohajimarisanの日記

広汎性発達障害の子育てを綴る

「ここに来ちゃ駄目だよ」と言われたあの日から私は頑張りました

 

朝が来ると目を開けるのが怖くて

泣きながら児童相談所に電話したあの日

 

養護学校に連れて行かれるのを嫌がり

すぐに自宅から出て行ってしまい何度も追いかけていました。

 

家では好奇心や衝動性が強く

レンジにたまごやマニキュアを入れて大爆発させたり・・・

 

マンションのベランダから色々な物を落としたり

飛び降りたり・・・

 

道路に飛び出して車とぶつかった時もありました。

 

誰と会ってもいつの間にか「すみません」が私の口癖になっていました。

 

警察の安全課の方々にはとてもお世話になりすごく優しくして頂きました。

 

しかし頭を下げ続ける日々に心身ともに私は疲れ果てていました・・・

 

児童相談所に電話した後、2日後ぐらいに

「娘さんを少し預けてみませんか?」

そう言われ十数年前、施設を紹介されて見学をしたことがあります。

 

見学に行った施設は私の想像をはるかに超えた刑務所感が強い所でした。

鉄格子に部屋の壁には大きな穴が開いていたり人の気配は感じましたが中は見せてもらえませんでした。

 

只ならぬ雰囲気だったのを覚えています。

 

古い施設だったのでそう感じたのかもしれませんが・・・

 

「子ども達とはなるべく目を合わせないでください・・・」

 

そういわれて施設見学をしました。

 

最後に担当の方が

 

「お母さん・・・ここに娘さんを連れて来ちゃ駄目だよ。」と私に言いました。

 

私が受けた只ならぬ雰囲気はやっぱり当たってました・・・

 

「はい、娘を預けるのはやめます」と言って帰りました。

 

ここでお願いしたら私は一生後悔する・・・

 

f:id:sekainohajimarisan:20200703153810j:plain

 

 養護学校の帰りに娘をよく海で遊ばせながら私は泣いていました。

 

でもどうしたらいいの?

 

あの頃は自問自答の日々でした・・・

  

あの日の施設の職員の方へ

 

 あの日、見学させてもらったお陰でふと魔が差す瞬間に

施設の光景と職員の方の言葉を思い出し回避することが出来た事がありました。

 

今も綺麗ごとを言っていないとまだまだ未来が不安で怖い部分がありますが

それでも随分、肩の力が抜け色々な人にSOSを出して助けて貰うスキルが付き

我が道を行く覚悟もこれからも何かを諦める覚悟も出来ているような気がします。

 

 あの日「ここに連れて来ちゃ駄目だよ」と声をかけて下さりありがとうございました。

 

あれから色々な人に助けて貰いながら私は頑張りました。

 

最後は神様に委ねる選択しかありませんが私が生かされているうちはこれからもあの日の見学の事は忘れずに娘の手を安心な所に行くまでは離さないようにしたいと思っています。

 

そして今日、おかげさまで18回目の誕生日を迎えることが出来ました。

 

f:id:sekainohajimarisan:20200703152424j:plain

 

娘を通じて出会った全ての方々に感謝し苦しかった日々を手放します。

娘の進路に向けて

おはようございます。今日から7月ですね。

 

今日も雨が降ったり止んだり・・・

どんよりした梅雨らしい天気が続いていますが

気持ち的には新たなスタートの始まりを感じています。

 

今年はコロナの影響ですっかり忘れていた卒業後の進路決定の年。

そういえば娘は高3でした!!

 

発達障害の人の「就労支援」がわかる本 (健康ライブラリー)

発達障害の人の「就労支援」がわかる本 (健康ライブラリー)

  • 発売日: 2019/03/14
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

昨日は娘の進路面談や師匠を中心に10年続けている支援会議があり

主人と参加してきました。

 

希望している事業者さんと進路担当の先生を中心に今後の進路の方向性をざっくり話し合ってきました。

 

これから区分などの公的手続きや実習などでバタバタすることになりそうですが

気持ち的には落ち着いています。

 

受け入れてくれるところならどこでもいい。

 

けして投げやりな気持ちではなく、縁ある場所でまた成人期を師匠はじめ支援者と作り上げていく覚悟です。

 

www.sekainohajimarisan.com

 

この先どのような展開になるのかわかりませんが

不思議と静かなワクワクを感じています。

 

2か月ぶりに療育センターに行きました

今日はコロナウイルスの自粛から2か月ぶりで療育センターに行き

師匠と再会しました!!

まったくお変わりなくパワフルでした。

 

師匠はとりあえずエアコン設定温度を確認。

私が高めの設定にしていないかチェックされます。

 

「昔の子ども達はみんな暑くて怒ってたんだよ~

○○先生の論文は22℃が快適温度。大人は高めに設定するんだよね。プンプン」

 

いつも「誰のための支援?」

を意識させられます。

 

寒かったら大人が着なさい!!

師匠はいつも子ども達の強い味方!!

 

娘に快適な環境を整えてから療育が始まりました。

いつも通りの師匠のおもしろトークに爆笑しながら娘の近況報告し

娘が以前からやりたがっていたペタペタ焼きを作りました。

 

f:id:sekainohajimarisan:20200626193815j:plain

私と師匠が「キャッキャ」していたのでちょっとイラっとしてました。

久しぶりで嬉しかったから・・・ごめんなさい。
 

f:id:sekainohajimarisan:20200626170108j:plain

    けろけろけろっぴのペタペタ焼きをつくりました。

ホットプレートで焼き上げる為、少しビニールの焼けるような匂いが立ち込め

戸を開けたら一気に暑くなりました。

 

師匠はすかさず自前のハンディファンをカバンから取り出し

「風も大事だよね!!娘ちゃん!!」

と言いながら娘に風を当てると娘はご機嫌でした。

 

 

養護学校の先生といい師匠といい支援の愛に感謝です!!

 

www.sekainohajimarisan.com

 

 

f:id:sekainohajimarisan:20200626190231j:plain


お土産に療育センターで販売していた手作りの可愛いヘアピンを買って帰りました。

 

ADHD 時を戻そう タイムタイマー編

 

ぺこぱじゃないですけど、「時を戻そう」の場面、生きていれば何回か普通の人なら

あると思いますが、ADHDを持っている私と娘は人の何倍もあります。

 

日めくり 毎日ぺこぱ ([実用品])

日めくり 毎日ぺこぱ ([実用品])

  • 作者:ぺこぱ
  • 発売日: 2020/03/27
  • メディア: カレンダー
 

 

やりすぎたり、やらなすぎたり・・・

面白い事、興味がある事、刺激に反応しては夢中になりますが

 

一方、興味がないことは口を開けて寝てしまいます。

 

無敵モードになる時とポンコツになる時の差が激しいです。

 

 

大人になってドーパミンの出にくさが原因だと言うことをようやく知り、自分の脳の謎が解けました。

 

ドーパミンが出にくいので私たちは新しいものや刺激的な事を求めドーパミンを出そうとします。

 

現実社会で中途半端にドーパミンを求めてしまうと浪費したり、体力を消耗してしまうので、なるべくゲームの中で刺激を求めるようにしています。

 

特に私はパズル系が大好きで現在は「テトリス99」でドーパミンを出しています。

中毒性が強いので1日1時間と決めています。

 

f:id:sekainohajimarisan:20200503054627j:plain

 

そして娘もADHDを持っているので✖2

自分も管理しながら娘も管理しなければいけないという拷問的子育てとなりました。

ぴえん。

 

小学部、娘の支援でエンジンが掛かり

中学部までは最高にうまくいっていた娘の支援。

 

しかし高等部で見事にエンスト。崩れました。

 

原因は引っ越しや進級で大きく環境が変わった事や思春期特有のものも

ありますがそれだけじゃありません。

 

それはもう高校生だからと娘の手を離した私の詰めの甘さ

 

支援がうまくいくと支援をやめてしまう私。

 

幼児期から全力で支援をやって来たので

 

もう勘弁してほしい・・・

 

自分の時間を満喫したい!ランチしたい!買い物行きたい!旅行したい!

 

環境が変わったことで脳が刺激され娘の支援よりも自分の欲が暴走してしまいました。

 

ADHDをもっている娘をほったらかした結果

 

・注意散漫で食事中にスマホ。いつのまにかスマホに集中してダラダラ食べ。

歯の脱灰がおきる。

 

・一人部屋で自由にさせていたら寝る時間がどんどん遅くなり、不眠、イライラが増し

大声を出すようになる。

 

・自由な時間、欲望のままに。スマホ、ゲーム、暴飲暴食で体重増加。

 

全てが悪循環になりまた立て直しへ。

 

支援と工夫は永遠に・・・ADHDは管理がすべて

 

環境や工夫で何とかなっているだけで根本的には生涯、支援や工夫が必要です。

 

全て見える化でやっぱりアナログ。手帳、タイムタイマー、スケジュールのホワイトボードなどで嫌でも目に見える環境づくり。

 

一時期、アプリで可視化を試みましたが私や娘の場合は立ち上げるまでにせっかちでイライラします。そして肝心な時に充電が無い・・・

 

また、自分が見たい時にしか見ようとせず、いつのまにか興味がなくなり放置するので無理でした。

 

スケジュールアプリでの通知だけは助かっています。

 

タイムタイマーで時間管理

 


タイムタイマー 19cm

視覚支援の神アイテムのひとつ。特に娘には効果大です。

 

時間の経過を見える化  娘の使用時

    

・あんなに時間があったはずなのになぜか直前にバタバタする外出時も〇

・いつのまにか他の事に興味が移り食事を忘れてしまうダラダラ食べに〇

 

昔は正規品しかなくお高いタイムタイマーでしたが

今はばったもんが出て来ていて経済的に助かります。

 久しぶりに買いなおしました。

 

f:id:sekainohajimarisan:20200621184818j:plain

 カラーも選べました。

 

f:id:sekainohajimarisan:20200623212641j:plain

 

 意識しているときは良いのですが慣れた頃にやらかします。

慢心、怠慢が最大の敵というか無意識に忘れてしまうのです。

 

昔は失敗するたびに自分を責めまくりましたが

今はその出来事が自分の対策すべき点で成長の源。

感謝すべき事と受け止めています。

そしていつも派手に転ぶのでそこから不思議とご縁が生まれています。

 

娘の支援をカッコつけて書こうとしたブログもいつのまにか自分の事を書いてしまい

恥ずかしいかぎりですが、今さらカッコつけてもしょうがないというか

うすうす、気が付いてますよね。ブログの読者さん。

 

誤字、脱字、基本、パソコンで書いているのですが、スマホで書いているときは下書きなのに手が滑って間違って更新ボタンを押してしまい後で直している事。

 

療育などを受けていない野放し世代なので娘より荒波を駆け抜け爆笑エピソードや

挫折、失敗体験が豊富にあります。

 

そのうち「時を戻そう」

ではまた。

感覚過敏 手探りの環境づくりの記録

 

6月の梅雨時期になりました。

我が家のペチュニアアジサイが綺麗に咲いています。

 

f:id:sekainohajimarisan:20200618173234j:plain

しかしこの時期から気温、湿度、気圧、夏の猛暑・・・

不快で厳しい気候が娘を襲います。

 

思春期あたりから更に感覚の過敏さが増していて色々な変化が苦しそうです。

どうしても薬で抑えようとしてしまいますが、一番は環境を整えること

 

昨日も児童精神科の受診で娘の主治医の先生と「環境を見直してそれでもダメだったら

薬を考えましょう」という話をして来ました。

 

暑いしうるさいし娘にとっては地獄のような環境

 

感覚過敏が強すぎる娘の為に幾度となく環境を整えて来ました。

自宅や療育センターなど理解のある場所での環境は困らなかったのですが

養護学校は集団、訓練、公平性で「ひとりの為に」はタブーな事。

当時はエアコンもなく扇風機も遠い天井に一台。そしてうるさい中の集団行動。

娘は登校から下校まで荒れていました。

 

そして「何とかしよう」と心ある先生方が動いて下さり

娘の為に放課後、私と手探りの環境づくりが始まりました。

 

先生と私が歩んだ感覚過敏の強い娘の環境の記録

 

当時、協力してくださった先生はきっと風当たりが強かったことでしょう。

「小学部なのに個別?」「構造化?」「そんなことより訓練しないと」

色々な摩擦の中でしかも私も担任の先生も知識も経験もなく手探り状態。

 

佐々木正美先生の「絵で見る構造化」の本をバイブルに段ボールでパーテーションをつくったりなんか青い色が落ちつくらしい?!と青いマットをしいたり、試行錯誤。

 

師匠が学校に来て下駄箱や机でこの字のスペースを作って下さり、こんな感じで・・・

からどんどん先生方とバージョンアップさせていきました。

 

f:id:sekainohajimarisan:20200618085857j:plain
f:id:sekainohajimarisan:20200618090449j:plain

小学部  手探りの環境づくりの日々 (2010年)  中学部 ワークシステムと静かな環境 (2018)


そしてPCやタブレットでのテクノロジーの活用。

画面越しの指導や活動は過敏さも抑えられて緊張しない。

一人で活動して学べるシステムも同時に取り入れました。

 

新しい生活様式、10年前から取り入れてました(笑)

時代がやっと追いついて来た~!!

 

f:id:sekainohajimarisan:20200618091908j:plain
f:id:sekainohajimarisan:20200618090115j:plain

小学部 パソコンで4コマ漫画づくり(2011)       中学部 タブレットで手順書(2017)

 

今は見違えるほどの快適な環境

 

エアコンが付き更に担任の先生が自前で静かな扇風機を提供。

娘の好きなキャラクター「塊魂の王子」も手作りでパソコン横に。

 

環境も心もしっかり整えて下さり放課後、最高な環境で活動させてもらっています。

十分すぎるのにさらに色々なことを考えて相談してくれる養護学校の先生方。

最高すぎます!!

 

今年の夏休みは短縮で暑さを心配していましたがこの環境!乗りきれそうです!

 

f:id:sekainohajimarisan:20200617191218j:plain

 

 娘の環境づくりを通じて私は

求めよさらば与えられん:何事も進んで努力することの大切さを学びました。

ADHD魅力の魔法が解ける前に

週末は天候が不安定でなんとなく体がだるくAmazonprimevideoで令和版「東京ラブストーリー」を一気見していました。(余計、疲れたかも・・・)

主題歌とBGMがおしゃれで東京タワーと主人公を重ね合わせた映像がとても綺麗な作品でした。

(※若干のネタバレ注意です)

f:id:sekainohajimarisan:20200614111002p:plain


が・・・

 

もう若い子の恋愛にはあまり興味がありません。

おばさんが気になったのは主役の赤名リカの行動や生きづらさが

気になって気になって・・・

勝手に共感して心配して鑑賞を終えました。

 

主役の赤名リカはADHD

 

リカの恋愛

 

・ 純粋さ、子どものような無邪気さ、好奇心旺盛さ

 

・ 衝動性があり付き合い始めは積極性が行動力につながり、とても魅力的な女性に映る

 

・興味や関心の対象の移り変わりが激しいため、仕事や住居なども転々とすることがあり、パートナーを戸惑わせてしまう 

 

・相手への感情や要望を抑えることができず、ストレートにぶつけてしまう

 

リカの仕事

 

 ・興味のあることに対して強い情熱を持ち、集中することができる


・アイデアが豊富で、固定概念にとらわれず自由に考えられる


・行動力がある


・素晴らしいひらめきをすることができる


・独特の感性をもち、考えることができる 

 

仕事面では特性が見事に生かされていて素晴らしいリカ。

 

魅力の魔法が解ける時

 

衝動性が積極性、行動力につながり、他の人から見たら魅力的ポイントがだんだん周囲を疲労させてしまい

「自分勝手」 「振り回されて疲れる」

と人間関係の崩壊が起こり始めフラれる。

 

そうならないためにリカに一言

 

「私は一人で全部決めたいの!!」

 

背負い投げ~

 

「クールダウンとパートナーへ相談しなさい~!!」

 

 

 平成版は私が高1の頃。私も鈴木保奈美さんの髪型+カチューシャ派だったな~

そして前髪クルンのトサカとロン毛のお友達。元気にしてますか~?

東京ラブストーリー DVD BOX

東京ラブストーリー DVD BOX

  • 発売日: 2001/09/19
  • メディア: DVD
 

 

主にカモられてます

今日は発達障害、収集癖あるあるです。

大体、種類は違えどだいたい同じ様な道を辿っているので

似たようなお子さんをお見かけすると「わかる〜」と共感してしまいます。

 

収集癖というかシリーズものを制覇したい!!

 

企業さんも飽きたころにベストなタイミングで追加アイテムを出してくるので

娘も見事にカモられてます。

 

どうにもならない性

 

こちらも出来ればお布施はしたくないんですけどね。

特性というか・・・生きがいというか・・・

 

今まではカモられているのを見ると「闇金ウシジマくん」でも読んで震えあがってほしいと思っていましたが 最近は個人でも売る側になれるので、娘と一緒に出品してお金や経済を知る良い勉強となっています。

 

闇金ウシジマくん(1) (ビッグコミックス)
 

収集の始まり 

 

 娘は幼児期の石集めから始まりました。必ずポケットに空き瓶の破片やちょっと綺麗な石を拾って入れていました。ずぼらな私は娘のポケットをチェックし忘れよく洗濯機からガラガラ~と音をならせていました。

 

そして出かけるとタウンワークや通販カタログを必ずお土産に持って帰って来ていました。

 

本格的な収集が始まったのは学童期

 

ガチャガチャ・食玩からはじまりシルバニアファミリー・りかちゃん

ゲームソフト・カードゲーム・プリキュア・・・


 思春期の今もプリキュアシリーズを集めて大きいお友達になっています。

そして禁断のディアゴスティーニにも手を出しました。

 

「お金はどうしているの?」

 

放課後登校しているのでその間、炊事、洗濯のお手伝いをしたお金で買っています。

毎日主婦が2人いる感じで私はやることが掃除とガーデニングぐらいです。

 

買い物は主人が担当。コスパの鬼。貯まったポイントで日用品や家電を買うのが喜びと生きがいの人。ポイントデーもスーパーの底値もすべて把握しているスーパー主夫。

 

我が家は得意な事を得意な人がするシステムです。

 

我が家の蓮舫さん

 

主人が我が家の財務省なので欲しい商品を申請すると蓮舫さんの「2位じゃダメなんですか?」なみに「こっちじゃダメなんですか?」と安いばったもんを推して来ます。

 

「ダメなんです」

「これじゃないと意味がないのです」

 

最後はシリーズで揃えてフリマやショップで売る。

こちらはこちらとしてのコスパと軍資金を得るための戦略があるのです。

 

ちなみに最近、売った「おしゃべりガイコツ」おしゃべりがウリなのに「おしゃべりが怖い」と言って一度もしゃべらせないまま手放しました(笑)

でも臓器がリアルで体の仕組みがよくわかりとても勉強になりました。元気でね~。

 

f:id:sekainohajimarisan:20200608130730j:plain

ゴミ屋敷予備軍

 

「これいる?」

「いる」

以前はすべていると言う娘。

なかなか捨てられなかったのですがフリマを経験しお金が絡むとだいぶ手放せる様になりました。

買った物にそんなに執着心はないタイプなので利害関係が娘にはポイントの様です。

 

しかし、大元で管理する人がいないと散財してゴミ屋敷になるのは間違いありません。今後、成人に向けてそのことについても考えて行かなければ行けないと思っています。