sekainohajimarisanの日記

広汎性発達障害の子育てを綴る

日課のお散歩で宮沢賢治を愛でる

 

今日は雨・・・

でも日課のお散歩は遂行。ルーティン命の娘。

そして付き添う私。

雨ニモマケズ、風ニモマケズ・・・

このフレーズが天候が悪い時

いつも私の脳内でリフレーン。

 

f:id:sekainohajimarisan:20200401165101p:plain


誰かを支援するというのは、知識、技術はもちろんの事

心の教養がベースになる事を私の尊敬する師匠(療育の先生)に教えて頂きました。

17年間、いつも心を整えるのに必死でした。

宮沢賢治さんの「雨ニモマケズ」は、無償の愛の自戒。難しいけど意識したい。

 

「 “褒められもせず苦にもされずそういうものにわたしはなりたい”」

 

人を助けに行くというのは、見返りを期待するものではない。

それは自分自身の生き方そのものなのだ。

見返りを期待するとき、人の行為は純粋な性格を失う。

ただ単にありがとうと感謝の言葉を述べられるだけであっても

それは一種の見返りの性格を帯びる。

与えることに与えられる効果が響きあうと

それは純粋な贈与ではなく、交換というものに堕落する。