sekainohajimarisanの日記

広汎性発達障害の子育てを綴る

はじめて療育の門をたたこうとするけど邪魔する老害の話

 

前に進もう

 

保健センターに勧められた療育センターに電話を掛けました。

 そちらに通いたいという事を告げると

「〇日にお待ちしてます」

と言われ、一週間後に行く事になりました。

 

当日、私は娘を連れて

タクシーに乗りました。

 

私が行き先を告げると

 

タクシーの運転手さんが

「なにをしにいくの?」

 

「あんたの子どもは

こんなところに行く子どもじゃないよ!!」

 

「俺はやめた方がいいと思うけどな・・・」

 

「子どもを障がい者にしてどうするの?」

 

「あんた、子ども1人?」

 

はいはい、1週間前にも

主人の母に言われましたよ~

 

現在はインターネットやメディアで

脳の機能障害だと言う事や

発達障害が認知されて来ましたが

 

15年前はまだ冷蔵庫マザー神話を

力説してくる老害が多かったです。

 

自閉症発達障害は親の育て方に問題が

あると擦込まれて鵜呑みにしてる世代に

毎日、子どもの育児でヘトヘトな私達を

更に言葉でボコボコに殴り

「あなたのために言っている・・・」

と決め台詞を吐く。今なら立派なDV。

 

遠い目をして聞き流していました。

 

「着いたよ。違うと思ったら

すぐ出て来いよ!!」

と一方的に携帯番号が書かれた

紙を渡たされ私と娘を降ろして

去って行きました。

 

療育に行く前から

どっと疲れたんですけど・・・

 

ここ?

古いプレハブ

確かに不安・・・

 

私は娘を抱き恐る恐るプレハブの戸を

ガラガラと開け

「すみません~お約束していた〇〇です~」

というと「は~い」とにこやかに担当の先生が出て来てくれました。

この日は説明を受け、手続きをし、来週から体験で療育を始める事になりました。

 

帰りは、貰った電話番号を駅前の

コンビニのごみ箱に捨て電車で帰りました。

 

  「無知で熱心な人が一番人を傷つける」