sekainohajimarisanの日記

広汎性発達障害の子育てを綴る

舌診は凄いね

こんにちは。

sekainohajimarisanです。

 

今日はヨガの先生が私の舌を見て下さって

「過去に精神的にダメージ受けたことありますか?」と言われました。

「はい」

娘が生まれてからずーっと精神的ダメージ受けっぱなしなんですけど。

 

ちゃんと舌に出るらしいのです。

私の舌の形が波打っていて(何年か前から自分でも気になっていました)

おまけに舌先が赤くなっていて心臓もダメージ受けていると・・・

 

娘が思春期になってから夜中に大声出す事があってよく心臓がビクッとなっていて

心あたりありありです。

 

 先生、すご~い!!見事に当たってました。

 

舌診とは

舌は、たくさんの毛細血管が集まっていて、薄い粘膜を通して血液の色が見て取れるので、 通常は外から見ることができない内蔵の血液の状態や全身の血流の変化を、間接的に見ることができる場所なのです。 また、舌には体液の消耗ですぐに潤いや乾きの変化が起こるため、体内の水分量の状態も分かるし、その舌の筋肉運動による動きには自律神経が深く関与しているので、ストレスや大きな病気のサインも把握できるのです。

f:id:sekainohajimarisan:20200904142951j:plain

 だからお医者さんは舌を見るのですね。

舌は内臓の鏡と言われます。

みなさんも時々、舌で健康チェックしてみて下さいね。