sekainohajimarisanの日記

重度知的・広汎性発達障害の子育てを綴るブログ

発達検査とポケモンセンターヨコハマ

こんにちは。

sekainohajimarisanです。

 

昨日は事業所をお休みして発達検査を受けに行って来ました。

 

・田中ビネー(知能検査)

・PEP-R(自閉児・発達障害児教育診断検査)

・T-TAP(TEACCH Transition Assessment Profile:移行アセスメントプロフィール)

児童期から成人期への移行準備として、興味や強みを明確にするアセスメントツール

 

正直、田中ビネー以外は保険が効かない検査だしな・・・

また取り直すの???(児相や療育でT-TAP以外は検査してもらっていたので・・・)

あとはなんたって距離がある場所なので娘を連れて行くのが大変・・・

 

結局、色々やって来たけどなんとかなるようなものじゃない事だと

思い知ったのでsekainohajimarisanは「もういいって・・・」という気分。

 

(※でも早期の療育はした方が良いです。

中学校ぐらいからはもう支援者と環境・・・

親がいくら頑張ってもなるようにしかならないような・・・)

 

渋っているsekainohajimarisanでしたが

 

「せっかく働くのでちゃんと評価して見てあげたい」

という主治医の言葉に絆され・・・

 

「とても優秀な○○心理士さんがいるので繋がって欲しいです」

と前の事業所のスタッフに背中を押され

 

「受けたほうがいいんじゃない?サンプルが欲しいんじゃない?」

とワンオペのsekainohajimarisanに主人が軽く言う・・・

 

これが最後・・・

全部検査してもらって手を引こう・・・

 

一人では心細いのでヘルパーさんに付き添いのお願いをすると一度OK出たんですけど

今のままの行動援護のプランだと病院等付き添いが入っていないので

相談支援を通じてみたいなことを言われて結局、今回は間に合わず

sekainohajimarisan一人で娘をクリニックまで地下鉄とタクシーで連れて行きました。

 

案の定、関内~横浜あたりで音声チックが出て来てしまい

ピリピリしたサラリーマンのおっさんに「静かにしろ」と怒られました。

 

「すみません。ごめんなさい。」とsekainohajimarisanは頭を下げると

娘も後から「ごめんなさい。」とおっさんに言えてえらかったです。

 

あ~あ・・・声出しても常同行動だしても良い専用車両作って欲しい・・・

 

予定時間に受付を済ませるとスタッフが言っていた心理士さんとはじめましての

挨拶をしました。

娘と心理士さんはそのまま検査の部屋に入って行きました。

sekainohajimarisanは終わるまでクリニック周辺を街ブラしていました。

 

今回は田中ビネーだけで終了。

他の検査は場所が違うのでまた後日。

 

1時間ぐらいで終わったので、マックでお昼を食べて

「ポケモンセンターヨコハマ」へ。

 

f:id:sekainohajimarisan:20211026192209j:plain

マルイシティ横浜の8階

 

平日だった昨日は人もまばらで入場制限などありませんでしたが

土日は感染症対策、混雑緩和のため、時間帯別入場整理券が配布されているそう。

 

【配布場所】

スカイビル2階 ペデストリアンデッキ

ペデストリアンデッキ案内図.jpgのサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像

 

f:id:sekainohajimarisan:20211026191351j:plain

 

マルイシティ横浜とそごう横浜店と間の連絡通路にある#ヨコハマピカチュウ。

 

f:id:sekainohajimarisan:20211026191222j:plain

今日のメインは発達検査のはずがいつの間にか横浜のマルイシティ巡りに・・・

ポケモンセンターもあるしプリキュアショップもあるし7階にはオタク御用達の駿河屋

もあり娘にとっては夢の様なショップ巡りとなりました。

 

追伸:マルイシティ横浜に行く途中に娘の落としたタオルを拾って追いかけてくれた

崎陽軒本店の社員の方どうもありがとうございました。

 

駅でしっかり崎陽軒のシュウマイ弁当を買わせて頂き家路に帰りました。

美味しかったです。